堕落した文鎮・砂肝のタルト・そして緑の風の吹く庭 庭をいじくり倒してる日々の記録
「イン・ザ・プール」

オダジョー好きなみなさま、これ見ましたか?
おもしろかったーーーー!!!!

これは見る価値ありありです。

キャッチコピーが『変なビョーキの者たちが、トンデモ精神科医に出会ったら?!』

だそうです。

トンデモ精神科が松尾スズキだもの。

あまりにツボったので、原作者の本を読んでみる予定です。

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=4851


C0000286_0.jpg


スポンサーサイト
[ 2007-06-11 (Mon) 23:38 ]   Comment(2)
   Category:movie


あるスキャンダルの覚え書き - シネマトゥデイ



ワンクリックでこのように記事が出来あがる。
便利な機能なのか。そうでもないのか。

とりあえずは「バベル」見るよりこれチェック!

ケイトBはいちばん好きな女優さん。
楽しみに待ってます。


[ 2007-05-25 (Fri) 17:08 ]   Comment(0)
   Category:movie
みくしーと同じ記事ですが、こちらにも。両方読んだかた、ごめんね。コメント変えてくれたら、違うコメントするから!(笑)

「トランスアメリカ」よかったわー。
あの二人のキャストに尽きますね。

d3adb9e70bc632785d30c0ccd6164c18.jpg


まずはデス妻でおなじみ、なんだかお隣の奥さんくらい親しみのあるフェリシティ・ハフマン。
変換したら「フェリシティは不満」だって(笑)あの旦那さまだから不満のかしら。いえ、メイシーの顔がどうのじゃないんだけど。
個人的にはああいう系のおじさんは好きですよ。ブシェミとか。
つきあわんけどな。えらそうだな。

で。うまいですねー。最初出てきたときの、あまりのブスさにびっくり(笑)これはキレイな方です。

1000957_02.jpg


最近ではデス妻でキャリアウーマンになってからかっこよかったから。シワシワだし、化粧変だし、眉毛変だし、いきなり股間をもそもそ触ってるし。ブツをしまってるんだけどね。

キレイなフェリシティ知ってるからこそ、脱帽。
女は化粧だってことがよくわかりました。勉強します。

そして息子役のケビン・ゼガーズくん。リバーの再来だとか?
かわいかったですねえ。キレイな身体だし。目がいいです。妖しいです。

二人で車という閉所で一緒にいるうちに心が通い合ってくるのがすごく伝わってきました。

顔はシワシワで(しつこい)化粧は崩れててほんとに疲れた中年女性って感じなんだけど、毅然としてて静かに自分の本来の姿に向かっていく青い炎が見えるような静謐さみたいなものがすんごい素敵。

そしてラストでやっと自分らしい姿になったときの涙(泣き方がまたすごいです)と、そのあとの晴れ晴れとした姿。よかったね。

そのうちにトビーともちゃんと親子関係を築いて行けるんだろうという予感もさせてくれて、後味もよしでした。

華特典映像でフェリシティ×ダンカン・タッカー監督対談があるみたいなんで、DVD買おかなあ。すごい美しいんだって、このときのフェリシティ。
やっぱり女優さんはキレイでいてくれろ。

felicityhuffman.jpg

[ 2007-02-08 (Thu) 19:05 ]   Comment(0)
   Category:movie