堕落した文鎮・砂肝のタルト・そして緑の風の吹く庭 庭をいじくり倒してる日々の記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
伊藤比呂美といえば「 良いおっぱい悪いおっぱい」(1985年11月)、「おなか ほっぺ おしり」(1987年10月)で、異国で初めての子を産んで育てることになったわたしが育児のコツとして参考にした一人でした。

もとは詩人さんなのでその後は本を読むこともなく過ごしてましたが、最近また書評で見たりして読みたいと思ったところ、友だちが貸してくれたこの「とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起」。
20081118191507

すごい本です。生に性に死に。普段目をそむけちゃいそうな部分をぐさりぐさりと。一緒に戦おうと言う気になってしまうような。レビューが苦手なので、是非読んでみてください。って、だれに言ってんだろう・・・

それより、これ、!「ミドリノオバサン」

わたしもこういう風に植物を見ていたいです。
20081118191509
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。